>

活用する意気込みで

この記事をシェアする

リサイクルショップは売っている!

新品を買うほどの予算はないけれど、買い替えたいものがある場合、リサイクルショップを利用しますよね。
引取りをお願いするリサイクルショップで買い物ができるのなら、他を見て回る必要もなく、担当も同じ人で済むので、手間と時間を省くことができます。
まとめて売り買いができるのであれば、当日担当の人に持ってきてもらい、引き取ってもらう事ができますね。
不用品を売る先と必要なものを買う先が同じなら、購入品の割引や、まとめて高く引き取ってもらうなど、サービスをしてくれることもあります。
ショップ側からすれば、買取り品と売り上げが一度に手に入るわけで、いわば優良顧客という訳です。
ちょっと視点を変えると、また別の便利な使い方が見つかりますね。

時期を考える

年末に大掃除をするのは、日本人にとって恒例行事になっています。
そういう時期には、リサイクルショップの利用者も多いようです。
主に買取ってもらう場合は、売り手が多ければ、付けられる値段もちょっとお安くなる傾向にあります。
時期を少しずらすことで、買取り金額が下がってしまう事を防ぐのは、一つの方法でしょう。
特に、こうした繁忙シーズン以外は閑散期であることが多いので、リサイクルショップ側が欲しがっているものや、これから需要が見込めるものなどは、それなりの金額が付くはずです。
例えば、年末であればプリンターやブルーレイレコーダーなどは、需要が高いようです。
そうした時期を考えて売ることも考えてみてはいかがでしょうか。